6/23 シーバシingのあとのヒラメing

早く次の記事を書こうと思いながらも最後の投稿から1週間以上経過してしまい、すっかりと怠け癖が付いてしまいました(笑)

この2週間ほど仕事やプライベート共に忙しい日が続き、少し一人でゆっくりしたいなと今日は有給休暇を取得!簡単に休暇が取れる職場に感謝です。

 

最近のサーフは人の多さにも関わらず調子が振るわない様子なので、私は仙台を流れる河川のシーバスの状況をチェックしていました。まぁ、メインはサーフなので定期的に状況はチェックするつもりですが。

 

仙南や石巻の有名河川はすこぶる調子が良い様子ですが、まだシーバスを狙いに訪れたことは無く、また単純に距離が遠いことから頻繁に通うこともままならないので、まずは仙台市内の河川から攻略しようかなと。

 

 

宮城で初めてソルトルアーフィッシングを開始した昨年は、ヒラメの外道として1本だけシーバスをキャッチしましたが、きちんと狙ったことは無いのでまずは一から情報収集です。

 

 

先週末は偏光グラスだけ持参してベイトフィッシュの状況などを見たり、流れが出る部分をチェックし、ある程度のポイントを絞ってみました。

 

 

そして今日は上げ止まりから釣行スタートするために準備していたワケです!

まぁ安定の何かで少し寝坊しましたが(笑)

 

 

まだまだ暗い時間帯にポイントへ到着すると既に3名の先行者。

でも、おそらくマゴチを狙っている方々だと思われるため私が狙っていたポイントはガラ空き。まずは川の流れの様子を見ながらキャストする場所を選びます。

 

目も慣れてきて、ようやく良さそうな立ち位置にエントリー。

まずは表層をチェックするためにハードコアリップレスミノーとマニック135を数投ずつキャストしてみます。

 

アップクロス→クロス→ダウンクロスと広範囲を探ってみますが反応無し。

 

 

ならば、とレンジを下げるためバイブレーション・・・とその前に、エアオグル85SLMをスナップに換装。

 

 

このルアー、以前Youtubeで泳ぎを見たときに気になってしまい、ヤフオクで中古で購入したもので今回が初投入。

 

 

アップクロスにキャストし、そのまま流れに乗せながらただ巻きしていると手前近くでヒット!

 

 

そしてそのままぶっこ抜き!

 

・・・えーっと、エアオグルが全長20cmだから、シーバスの方は60cmくらいかな(嘘)

 

 

 

 

まぁ、狙った場所にシーバスがいたことが分かったし、宮城での今季初シーバスなので素直に嬉しいです。

 

 

ベリーフックにフッキングしているということは、やっぱり魚は下の方にいるのかも、と数投ほどエアオグルをキャストした後にバイブレーションに変更して下のレンジを探っていきます。

 

 

しかし、何も無いまま日は昇る。

 

その間、後から来たアングラーが下流の方で2匹ほどヒットしており、そのうち2匹目は手前でバラしていましたがまぁまぁのサイズだった模様。

 

 

アングラーも増えて来たので、このポイントは5時ジャストでとりあえず切り上げます。

 

 

次に向かったのは、先ほどのポイントより2kmほど上流域。

ここはウェーダーを履く必要があり、まだ立ち入れそうなスペースを土手の上からしかみてないのであくまで様子見。

 

茂みを掻き分けて入水すると、思ったより沖まで浅い地形が広がっており、向こう岸の方が流心となっている様子。

 

一応、入れるところまで進み、10投ほどミノーやバイブレーションをキャストをすると40〜50m先でも水深1.5mも無い様子。夜から朝マズメにかけては釣れそうな雰囲気があるので次回に期待して今日は車に戻ります。

 

 

そしてお待ちかねのサーフ調査。

今回は4月から釣果の無い仙台サーフへ。

 

 

駐車場へ着くと、ロッドをラブラックス96MLからモアザン99MH-Wへ変更してポイントへ向かいます。

 

 

サーフを見渡すとアングラーは数人確認できますが、既に車の方角へ帰ろうとする方が2名。

 

 

あまり期待はできませんがとりあえず自分が入りたかったポイントへGo。

状況は、満潮の下げであることもあって随分と海が引いていました。

 

 

スピンビームをキャストし、着底後に数回シャクってから5回ほどハンドルを回してリトリーブ、そしてまた着底を繰り替えしていると、何投目かのフォールでアタリが!

 

しかし、フッキングして「乗った!」と思った直後にフックアウト。

アタリの感じとしてはソゲっぽい。

 

 

 

その後、一度ポイントを移動してから、また同じポイントへ戻り同じ様に誘ってみるとまたヒット!そして、今度はちゃんとフッキング成功!

 

 

久しぶりの本命だぁ〜と思ってハンドルを回していると、姿を見せたのは平べったくないヤツ。

さっきのアタリもこいつか・・・

はぁ、今日は帰ろう。(笑)

 

あ、そういえばサーフで拾った大型のウキを再利用し、ストリンガーのフロートを自作してみました!

なかなかいい感じ!

使う機会はあまり無いかもしれませんが、釣った魚は新鮮に美味しく食べたいのでベストに常備しておきたいと思います。

4 Replies to “6/23 シーバシingのあとのヒラメing”

  1. 河口は上げ潮のタイミングでチーバス祭りを味わえますよね。
    シーズンもひと段落してフラットからシーバスに移行の時期ですね。
    ランカーシーバスの写真期待しています。

  2. 宮城のランカーシーバス釣りたいですね~
    あの有名河川は爆釣みたいですね。機会があれば行ってみたいです^^

  3. 有名河川はポイントが絞り憎いので、可能であればガイドとポイントの攻め方を知っていた方が良いですよ。
    見た目ここがポイント?って場所が多いです。
    やはりヨレができるとこに魚が溜まる傾向が強いみたいです。

  4. へぇー、そうなんですね!
    もっとポイント探ししてみようと思います。やはり足で稼がないと釣果は伸びませんね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。