5/20 三度目の山形遠征(珍事編)

釣果
・シーバス69cm
ヒットルアー サイレントアサシン129S
・サワラ50cmくらい x 2匹、イナダ40cm x 2匹
ヒットルアー:グリード40g イワシカラー
潮回り 長潮
開始時刻 03:20
終了時刻 06:40
風向き 東 5~7m/s

今週末は山形県酒田市の市街地で催される酒田まつりに嫁と子供を初めて連れていくために2泊3日で帰省し、当然、今朝は早起きして釣りに行ってきました!

 

鳥海山の方角がうっすらと白み始めた午前3時に到着。

エントリーした場所は2週間前と同じで、まずはサイレントアサシン129Sを使って上のレンジを探ります。

 

すると、開始2投目で狙い通りのバイト!

なかなかのトルクのある走りですが、こちらは前回から学習し、ワラサクラスを想定したガチなタックルなので、ドラグをほぼ出さずにゴリ巻き(笑)

 

まずまずなサイズのシーバスが足元に姿を現しました。

 

しかし、取り込むためにランディングネットを伸ばすと「まさか!」な事態が・・・

 

なんとネットフレームがシャフトから外れて沈んでいきます(^^;)

おそらく駐車場で準備した時に、きちんと留め具がはまっていなかった様です・・・

 

途方にくれながらもやりとりを継続し、シーバスは空気を吸わせて抵抗しなくなりましたが、ゴボウ抜きできるサイズでもない・・・

 

 

しかし、幸いなことに、自分の立ち位置の右下にぎりぎり水面まで手を伸ばせるテトラを発見し、フィッシュグリップでなんとかキャッチに成功!

 

70cmにギリギリ届かないくらいのまずまずなサイズ。

 

 

 

 

 

・・・さてと、無事ランディングできたし、これからどうするか考えようか(ため息)

 

 

これから釣行を続行しても、ランディングネットが無ければ取り込みが出来ません。

 

そこで、なんとか足元の海に沈んだネットを救出することにしました。

 

 

その重要な任務を任せたのは、まだ魚を掛けたことの無いゼッタイCZ-30!(笑)

ヒラメ用にリアにトレブルフックも付けているので、ネットを引っ掛ける確率も高いはずと踏みました。

 

とりあえず、ネットが沈んでいると思われあたりにルアーを落とし込み、ボトムをノックしていきます。

 

途中、何度も沈んだテトラに根がかりしそうになりながらも、期待していた瞬間が!!

 

ズンっと重みを感じ、リールを巻くとそこにはリアフックに引っかかった私のネットの姿が! 本当に良かった~

 

無事に回収したネットを、今度はしっかりとシャフトに固定して釣りを再開します。

 

 

一度、チャタビー85に変えましたがアタリは無かったため、再度、サイレントアサシン129Sを投入するとまたヒット!

 

さっきよりも小さめのサイズですが、よく走ります。

 

姿を確認すると・・・あれ?シーバスじゃない。

 

 

顔がギャオスに似ているサワラさんでした(^^;)

 

このままギャオスがヒットしてサイレントアサシンがボロボロになるのはイヤなので、メタルジグに換装しワラサ狙いに切り替えます。

 

 

事前情報では、2週間前ではないけれどもまだワラサクラスも上がっている話を聞いていたので、期待して着底したジグをしゃくり上げます。

 

 

しかし、何事もなく1時間が経過(汗)

周りを確認してみても、ロッドが曲がっているのを確認できませんが、400~500m先ではカモメも騒いでいるのできっとベイトフィッシュを狙った青物もいるはずです。

 

もしかして、レンジがもっと上なのでは?と考え、グリード40gをキャストし着水後、すぐに速めのリーリングでジャークとフォールを入れると待望のヒット!

 

 

ドラグを絞りながら対応していると、ロッドから伝わる違和感が・・・

 

しかし、それも姿を確認し「なるほど」と納得。

 

青物あるあるのダブルヒットでした(笑)

 

その後、同じようなサイズのイナダとサワラを1匹ずつ追加し、眠いし腕も疲れたので終了しました。

 

酒田付近の今春のワラサはもう終わりっぽいですが、シーバスはこれからどんどん調子が上がっていくはずなので、皆さんもぜひ遠征してみてくださいね。

 

そういえば帰り途中でいいサイズのヒラメを上げている方がいました!

そろそろ私も仙南サーフで良いサイズのヒラメを釣りたいなぁ~

Tackle Information
モアザン99MH-W

セルテート3012H

よつあみ G-soul X8 1.5号

よつあみ FCアブソーバー 30lb

サイレントアサシン129S レンズパールチャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。