メタルジグの収納にピッタリなケースを見つけました!

仙台サーフや仙南サーフでも遠いポイントを攻略するために多用することが多いメタルジグ。

この鉛製のルアーの収納で悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

なぜなら、一般的にメタルジグはベリー(お腹)にフックを装着するアイが無いので、フッキング率を上げるためにアシストフックをフロントアイにつけることが多いです。

 

しかし、アシストフックを付けていると、他のルアーと一緒にルアーケースに入れるとフックが複雑に絡み合うことが多いんですよね・・・

 

別のルアーに交換をしようと収納ケースの中を覗くと「うわぁ・・・」と思うくらい複雑に絡み合ったルアーを目にすると、そのルアーを使用することを断念せざるを得ないこともあります。

 

最悪な場合、「時合いが終わっちゃう!」と慌てて外そうとして手にフックが刺さるなどの最悪な事態に発展することだって・・・(汗)

 

この問題を回避するには、区切りで小分けにされたスペースに1個ずつルアーを収納するか、フックカバーを使うなどがあります。

 

でも、通常のフローティングベストに収納できるルアーケースの数なんて2個か3個まで。1つの仕切りにつき1個のルアーを収納するスペースを無駄にすることなんてできないですよね。

 

フックカバーも実際に使用してみると毎回の取り外しが面倒なんですよね・・・

そもそも、アシストフック用のフックカバーなんて無いし(笑)

 

 

そんな悩みを解消してくれるのがこの「リバーシブル #100」。

 

 

ケースの高さは36mmと薄いのに各収納スペースの底が逆三角形型になっているので、オモテとウラに7個ずつ、計14個のルアーをムダなく収納可能です。

 

 

 

 

各ルアーは、独自のスペースに収納されることになるのでルアー同士のフックの絡みなんて皆無です!

 

また実はシングルフックのみ装着したジグであれば、オモテとウラにそれぞれ余ったスキマに収納可能で、合計16個のルアーを持ち運べます!

 

 

 

一点注意なのが、パッケージには「90mmクラスのプラグまで大丈夫!」と記載がありますが、ぶっ飛び君95Sやバーティス80Sを試してみるとベリーフックやラインアイ引っかかり蓋を閉じることはできませんでした。

 

しかし、メタルジグやソフトルアー専用の収納ケースだと割り切れば全然問題ないと思います。

 

今まで、「収納ケースなんて¥100均でいいじゃん!」と思っていましたが、このケースを使ってからはその軽率な考えを改めました(笑)

 

同じ悩みを抱いている方にはおススメの収納ケースです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。