4/28 スピンビームの威力

釣果 ヒラメ 43cm、36cm、20cm
ヒットルアー グリード30g、スピンビーム
潮回り 中潮 下げ
開始時刻 4:36
終了時刻 7:15
気圧 1007hPa
風向き 南2m弱
水温 10.2℃

まず結果から言うとソゲサイズ含め3枚をゲットしました!

 

まず、1枚目。

 

コレは20cmあるかないかのサイズで、開始早々にグリードの赤金で出てきました。

テールフックに掛かっているところを見ると追い食いをしたようですね。

 

 

その後、先行者がすでに打っていたポイントで、スピンビームを使って待望のヒラメサイズを1枚! こちらのサイズは43cmでなかなか引きの強い個体でした。

 

 

 

 

その後、集中力が無くなっていた7時前に、iPhoneを確認するためにリーリングをストップして開始直後にスピンビームをガッツリとハーモニカ食いした36cmくらいのソゲさん。

 

たぶんですが、完全に着底して動いてないスピンビームにアタックをしたと思われまるのでラッキーヒット!(笑)

 

 

と、仕事前の釣果としては満足でした!

 

 

今回の釣行で改めて思ったのは、シマノのスピンビームというジグの完成度の高さ。

 

ただ巻きにしか反応しない日であれば、間違いなく選ぶルアーです。

 

今日、一緒に使ったLONGINのグリードもただ巻きだけで釣れてくれるジグですが、スピンビームの集魚力は群を抜いていると言っても過言ではないです。

 

 

 

そして、もう一つ高評価なのは、リアバランス(後方に重心がある)からくるキャスタビリティの高さ。

私が利用するジグの中で他にリアバランスなものはガン吉やグリード、CZ-30ゼッタイがありますが、それらのジグより遠くへ飛んでいきます。

 

・・・まぁ私のキャストが下手なのもありますが(^^;)

 

ちなみに私の場合、ジグは他のルアーと比べるとただ巻きの場合はアピール力が弱いのでは?と感じているため、着底後はチョンチョンっとアクションを付けたあとにリトリーブを開始します。あんまりアクションを付けるとベリーフックがラインを拾っちゃうので、あくまでかるーくシャクるイメージです。

 

ちなみにスピンビームは32gと42gがありますが、42gのスピンビームTGの方では私は釣果はありません(^^;) まぁ、激荒れ時くらいにしか仙南サーフでは42gの方は必要ないんじゃないですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。