8/6 真夏の最上川のシーバスフィッシング ~後編~

はい。花火鑑賞後のシーバス狙い後編です。

 

 

前日はランディング寸前で良さげなサイズをバラし悔しい思いをしたので、眠い体にムチ打って日曜日も行ってきました!

しかし、流石に2日連続のオールはキツイので、数時間ほど仮眠を取って午前3時くらいからのスタートです。

 

 

最初のポイントは前日バラしたポイント。

釣れている時ならこの時間でもアングラーがいるはずなので、ここ最近は釣れていないのかも。

 

 

昨日の帰りに10cmくらいのベイトを確認していたので、とりあえず同じくらいの大きさのシンペンからスタートしてみます。

 

 

アップキャストから流しながらリトーリーブしているとコツンっとアタリらしき反応がありましたが、その後の反応は全く無かったため少し早い気もしますがバイブレーションでレンジを下げていきます。

 

 

しかーし、やっぱり現実は甘くない。

何も無いまま綺麗な朝焼けを見ながらドリンクを飲んで休憩。

 

 

 

少し海側へ移動しながらキャストを続けていると、何かがライズしたのを発見。

慌ててそちらの方向へ向かってレンジバイブをキャストし、早めにリトリーブをしているとグンっとヒット!

 

辺りはもう明るくなっているのですぐにシーバスを視認! しかし、・・・ロッドが強すぎなのか水面を少し滑り気味で寄ってくる(汗)

 

 

でも、元気がある個体で足元でテトラに突っ込もうとしたり楽しませてくれました!

 

40cmジャストのぎりぎりフッコでしたが、サイズは関係なく本命が釣れると嬉しいですね!

 

 

その後は思い切って大きく移動したりしましたが、何も起こらずに終了。

仙台市内では連続ボウズを食らっていたので悔いが残るけど楽しい時間を過ごすことが出来ました!

 

来月まで割と時間が取れそうなので、もう何回かは日帰りで遠征してみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。